すぐき漬けを通販で購入しました

御すぐき処なり田のすぐき漬けを、通販で購入してみました。

 

宅配便の会社はヤマト運輸です。

 

パッケージを見てもらえればわかりますが、クール便での発送になっています。

 

常温便での発送もあるようですが、どうすれば常温便で発送してもらえるのか不明でした。

 

なおクール便の手数料は、210円かかりますので、ご注意下さい。

 

パッケージを開封すると、またパッケージがありました(笑)

 

中のパッケージには、御すぐき処なり田のお召し上がり方などが描かれたしおりが挟まっていました。

 

中のパッケージを開けると、樽だしすぐき漬けが姿を現しました。

 

樽だしすぐき漬けの食べ方ですが、樽だしすぐき漬けの裏に記載されていますので、美味しく頂けることでしょう。

 

注文してから届くまでに、4日かかりました。お届けの時間指定も出来るので便利です。

すぐき漬けのギフトセット

御すぐき処なり田のすぐき漬けは、なり田のギフトセットが販売されています。

 

その中でも人気なのが、なり田お試しセット(贈答用)です。

 

なり田のお試しセットとの違いは贈答用だけあって、化粧箱がついています。

 

贈答用に作られたこの化粧箱は、高級感漂う「のし紙」も付けることも可能になっています。

 

贈答用の包装にてお届けしてくれるので、普段とは違った雰囲気になります。

 

なり田お試しセット(贈答用)の中身ですが、

 

◆ すぐき(樽だし)
◆ きざみすぐき
◆ 賀茂志ば
◆ さんしょしぐれ(濃口)

 

この4点です。

 

気になるのが、なり田お試しセット(贈答用)の価格ですが、税込みで、

 

⇒ 3,250円

 

になっています。

すぐき漬けの価格

御すぐき処なり田のすぐき漬けは、京都の伝統ある京野菜のお漬物です。

 

気になるすぐき漬けの価格を調べてみました。

 

すぐき漬けを注文してみようかな?と考えている方には、すぐきお試しセットをオススメします。

 

すぐきお試しセットの料金は、

 

⇒ 1,980円

 

です。

 

他にも、なり田お試しセットやお中元や、お歳暮になり田のギフトセットもありますので、気になった方は御すぐき処なり田のホームページをご覧ください。

すぐき漬けの口コミ

すぐき漬けで有名な、御すぐき処なり田のホームページに寄せられた口コミをお知らせします。

 

やっぱり、実際にすぐき漬けを購入された方の感想は気になりますよね〜

 

御すぐき処なり田の口コミを引用してお知らせします。

 

=============================

 

本日楽しみにしていたすぐき漬けが届きました。

 

早速夕ごはんに、炊きたてのごはんと一緒に頂きました。

 

何はさておき、まずはすぐき漬けからですよね。

 

お醤油をかけなくても、そのままでも十分美味しいと、
主人も喜んでいました。

 

ただひとつ残念なのは、これはうちの問題なのですが、
ごはんが古米だったので、ごはんの味がイマイチだったこと(笑)

 

次回は新米で、さらに美味しく頂きたいと思います。

 

ありがとうございました。

 

=============================

 

ごはんが古米だったのですね。

 

古米でも十分美味しいと思いますが、美味しく頂いていらっしゃるみたいですね☆

すぐき漬けの作り方

すぐき漬けが、どうやって作られるのか?調べてみました。

 

すぐきはカブの一種で京野菜です。

 

すぐき漬けに使用するものは、すぐきと天然塩と植物性乳酸菌、たったこれだけです。

 

お漬物ってだいたいこんなものですかね。

 

上賀茂地方の固有の漬け込みの技術と長い歴史、伝統の心がすぐき漬けの味を磨き上げているといっても、過言ではないと思います。

すぐきの秘密

御すぐき処なり田のすぐき漬けは、文化元年(1804年)創業の伝統あるお漬物です。もう昔過ぎて、いつの年代だかわからないですよね(笑)

 

それだけ京都の老舗なんです。歴史あるすぐき漬けの素材である、すぐきについてちょっと調べてみました。

 

すぐきはアブラナ科の二年草で、みなさんご存知のカブの一種です。カブを想像しながら読み進めてください。

 

すぐきの白い部分は根っこですが、カブと同じ楕円形をしていて、大きさは20センチくらいです。

 

葉っぱが少しカブと違っていて、カブより肉厚で濃緑色をしています。葉っぱの大きさはカブより大きいです。

 

すぐきの花はアブラナ科なので、菜の花に良く似た黄色い花を咲かせます。

 

想像できたでしょうか?

すぐきとは

日本テレビ系列のグルメ番組の「満天青空レストラン」で紹介された、「御すぐき処なり田」のすぐき漬けを紹介しています。

 

すぐき漬けのすぐきとは何なのか?調べてみました。

 

すぐきは、京都の京野菜で漢字は酸茎と書きます。

 

すぐき漬けを作る際に乳酸菌を使用するのですが、そこからきているのかどうかは不明です。

 

京都といえば京野菜と言われるほど野菜が有名で、その野菜の、

 

◆ すぐき菜
◆ 水茎(すいくき)
◆ 賀茂菜(かもな)

 

のことがすぐきと呼ばれているようです。

 

また京都ですぐきといえば、この野菜のすぐきだけでなく、すぐき漬けのことも指すようです。

 

それだけ、すぐき漬けは京都で有名なんです。